北海道大学起業部設立





“Boys be ambitious ”
2019年、クラーク博士の言葉が根付く北海道大学で起業部が設立されました。
起業部ではチームでビジネスプランを作成し、国内外のビジネスコンテストに参加し、ブラッシュアップを重ねながら、学生起業に向けて実践的な活動を行います。国内外の一流の起業家やベンチャーキャピタリストによる起業支援も行います。
ここ北海道に、大志を抱いて挑戦する文化を一緒に作っていきましょう。






顧問

金子純一

 産学・地域協働推進機構 副機構長総長補佐(研究戦略室)
大学院 工学研究院 量子理工学部門 准教授
北大起業部 顧問

2019年4月から「北大起業部」が本格的な活動を開始しました。北大起業部は実際に学生が起業しビジネスを行うことを目指します。起業部ではチームでビジネスプランを作成し、国内外のコンテストに応募しながらビジネスプランをブラッシュアップして、起業に向けた実践的な活動を行います。米国ではセーフネットのある学生のうちに起業経験をすることを全学的に支援している大学も多く、メリーランド大学では過去30年間で17,000人程度の雇用と4000億円の売上高を達成しており、通常、24社前後の学生ベンチャーが大学のインキュベーション施設を利用し事業を展開しています。非常に重要な事は、起業を経験した学生の85%がメリーランド州に住み続けていることです。これは学生時代の起業経験が、自ら事業を遂行する力となり、就業先が必ずしも大企業に縛られなくてよくなることを意味します。 株式の仕組みを理解するとわかりますが、経済的自由を獲得するための近道はリスクをとって創業者になることです。北海道大学近未来戦略150では戦略目的として「世界の課題解決に貢献する北海道大学へ」が掲げられています。みなさんも是非、「北大起業部」に入り、世界の課題解決に貢献するアンビシャスなアントレプレナー人生を目指してください。













徳山隆俊

合同会社TOKZUM 代表取締役社長
株式会社BIRTH 代表取締役社長
一般社団法人ブロックチェーン北海道イノベーションプログラム(BHIP)理事
池内クリエイティブ・ヒューマン・ソリューションズ 社外取締役
北大起業部顧問

 

起業家が未来を創る!

北大起業部は北海道大学や小樽商科大学を中心に、道内大学生が起業するための部活動です。私は複数の会社を運営する経営者であり、またEARTH on EDGE北海道の民間支援委員として活動しておりますが、「起業したい」や「ベンチャーに興味がある」という学生からの相談を数多く受けます。

 「会計や技術などスキルアップすることは大事だけど、やりたければまずは行動!」というアドバイスが王道ですが、具体的にどう行動すればいいかをわかっている人は少数だと思います。

 北大起業部はそんな学生たちの第一歩を共に歩む場です。

 起業家という生き方は全ての人にフィットするわけではありません。しかし、自分自身の手で未来を創り、自分自身が望む生き方を自らの手でコントロールしたい人はチャレンジする価値があります。

 北大起業部には「自分の興味があることを職業にしたい」や「どうしても解決したい社会課題がある」、「何か熱狂できることに取り組むたい」など様々な想いを持った学生が集まり、”情熱経済”(※北大起業部内の造語。情熱をもって挑戦することを称賛し、批判・評論は無価値)という尺度でお互いを尊重しています。

少しでもピンと来た学生は「北大起業部」の門をたたき、一緒に未来を創っていきましょう!













お問い合わせ